ファーマジョブ

薬剤師の転職について

薬剤師って言う職業って就職も転職もし易い仕事だと思います。

 

OK女性

国家資格の中でも結構高収入だし、日本全国で求人があるし、募集も多いので転職して、好条件の職場になったとか給料上った、年収増えた、休日が多くなった、福利厚生が充実したとかって言う事もザラにありますよね。

 

あと子育てとかでフルタイムじゃあ働けないけど、パートタイムにシフトチェンジしたとか、家から近い職場に転職したとかって言う事も可能です。

 

ドラッグストアとかでも人件費削減の為に薬剤師置かなくて、登録販売員だけって言うお店もあるんです。

 

だけど、大手とかでは薬剤師さん募集している会社もあるし、ファーマジョブでも給料良いって言われているドラッグストアの転職先を探す事も出来ますからね。

 

下記に最近の薬剤師転職の動向や給与相場をちょっと調べてみたんで紹介しておこうと思います。

 

 

薬剤師転職の動向

 

転職される方の傾向と言うのは、最近時流によって景気によって転職理由とか変わってくるんだと思うんですが、最近で言うと6年生の学生が出てくるっていう事もあって、今回が最後の転職にしたいって人が多いかなって思います。

 

内容としては、条件面を上げたい、場所が近いところで働きたいとか、そういった方々が非常に多いような感じがしますね。

 

6年生に対してかなり危機感を持っているという事なんでしょうね。来年以降は薬剤師が余るって危機感を持っている人も、不安とか持っている社員さん、パートの方でも多いですね。

 

 

薬剤師の給料相場

 

今の給料レベルとか昔と比べるとかなり下がったとか、都市部は求人が落ち着いてきたとかいう事もあるようですが、東京とか大阪とか地方との給料とか時給とかの違いもあるみたいですね。

 

東京都内でいきますと、何年か前かに比べたら年収とかは下がっているって感じだと思いますし、具体的に、勤務薬剤師の方でも年収500万円以上の人とか求人が少なくなってきている状況です。

 

キャリアがある方でも、勤務薬剤師で希望として500万って求めている方が多いんですが、そこまで乗せられない薬剤師さんっていうのも多いなって思います。

 

地方に関しては、まだまだ人が足りていないって事もあるので、場合によっては個人薬局さん多少高額給料を出せる場合もあるようですね。

 

まあただ、給料全体としてはちょっとだけ下がっているのかなって思います。

 

年収額をUPさせるためには、年収だけを考えるってあれば、地方を狙う、たとえば東北地方だったりだとか、地方の薬局さんとかに転職も候補に入れるって言う手もあるかなと思います。

 

経験値とかにもよるので、自己アピールが出来るかどうか、自分にどれだけ払ってもいいかって想わせることも大事かなって思いますよ!